KON-PASSの使いかた1



KON-PASSの使いかた1
フィールドノートとして使う


フィールドノートというのは、野外で生きものやいろんなものを観察したときに、メモをとるためのノートです。

メモのとりかたにはコツがあります。このページをよく読んで、フィールドノートを使いこなしましょう。


KON-PASSにひもをつけましょう

KON-PASSの下のほうに、穴(あな)があいています。これは、ひもをつけて、首からぶら下げられるようにするためです。
ノートを落として、なくしてしまうと、たいへんこまります。
ひもをとおす穴が下のほうについているのは、メモをとるとき、ひもがじゃまにならないようにするためです。

ここに穴(あな) →  konpass-girls


じょうずなメモのとりかた

1.いつ、どこで観察したかをわすれずに書きましょう

KON-PASSのそれぞれのページには、年・月・日と場所を書くところがあります。
「きのう」とか「夏休み」はダメです。ちゃんと日づけを書きましょう。
日づけは、年から書くのはめんどうですが、10年、20年たっても、いつだったかがわかるように、年から書いておきましょう。
場所は、10年後に見てもわかるように書きます。「北海道」や「千種川」では広すぎますね。
くわしい地名や、山や橋の名前を書いておくといいでしょう。

2.きれいな字で書かなくてもかまいません

野外で観察しているときは、観察するのにいそがしくて、書いている時間はあまりありません。
きれいな字で書かなくてもかまいません。でも、自分が読める字で書きましょうね。

3.絵や図もたいせつです

観察していることは、文字で書くことがむずかしいこともあります。
そんなときは、絵や図を書いておくこともじゅうようです。
写真を撮ることもじゅうようですが、写真はメモしてくれませんので、写真を撮ったときのようすをノートにメモしておきます。