むしの宝箱(その1)通路の展示

→ その2(標本展示室)へ
NPO法人こどもとむしの会の会員や連携団体が、よりすぐりの作品を持ち寄って展示をつくっています。
内容は少しずつ変わります。

作品名
解説
内海コレクション 内海功一コレクション 旧兵庫県昆虫館館長の内海功一氏が30有余年の間に採集した船越山の昆虫など。
芳川コレ 1950・東京の昆虫たち 昭和25年(1950年)、東京都文京区に住んでいた小学3年生の昆虫好きの少年が、夏休みの宿題に「庭でとった昆虫」の標本をつくりました。当時のその庭の敷地は、今では「椿山荘」としてその名を知られています。終戦直後の東京には、これらの昆虫たちが棲息する自然環境が残っていたのです。少年は年を重ね、今ではごらんのとおりの・・・?(芳川雅美)
絶滅危惧種・ウスイロヒョウモンモドキを守る このチョウを守る活動は2003年に始まりました。当時は生息地(せいそくち)を一日歩いても、10頭(とう)ほど見かけるのがやっとで、絶滅寸前(ぜつめつすんぜん)でした。保全活動(ほぜんかつどう)による回復は顕著(けんちょ)ですが、生息地は1カ所だけ。危機(きき)がさったとは、まだまだ言えません。
(奥村達夫・久保弘幸・近藤伸一)
兵庫県に住みついた生きた宝石 キベリハムシ 青いハネに黄色いふちがある、大きく、美(うつく)しいハムシです。アジア大陸(たいりく)から渡(わた)ってきて、昭和(しょうわ)の初めに六甲山で初めて発見(はっけん)されました。今も六甲山を中心に県内だけに見られる不思議(ふしぎ)な昆虫(こんちゅう)です。サネカズラの葉を食べます。
(近藤伸一)
昆虫界のハンター アイヌハンミョウ 山道で青い虫が飛(と)び立っては、先にとまり、近づくとまた飛び立つ。こんな経験(けいけん)はありませんか。「みちおしえ」と呼ばれるハンミョウです。図は春に川原にあらわれるアイヌハンミョウ。小さな虫ですが、こわい顔していますね。サバンナのライオンのように、より小さな昆虫をおそって食べます。
(準備中) 鳴く虫の親子 県立人と自然の博物館(はくぶつかん)のボランティアグループ。メンバーは鳴く虫インストラクター養成講座(初、上級の2年課程)修了者。日本には鳴く虫が50種ほどいますが、訓練(くんれん)を積み30種以上の声を聞き分けられるようになりました。皆さんも鳴く虫ワールドへ、足を踏み入れてみませんか。
トンボの発生(はっせい)と孵化(ふか) トンボの幼虫 「ヤゴ」 は、ほかの生きものをつかまえるために、口のかたちがとてもかわっています。捕獲肢(ほかくし)とよばれ、折りたたみのできる口のかたちは、卵(たまご)の中で、いつ、どのようにしてできるのでしょうか? それが知りたくて、卵の中でヤゴの体ができていくようすや、孵化を観察して、写真で記録しました。
(渡辺庸子)
虫の赤ちゃん、こんにちは! いろんな虫の卵(たまご)と赤ちゃんを紹介しています。卵も、赤ちゃんも、いろいろです。かわいいですね。
(渡辺庸子)
女郎花の咲く三カ月に 秋の七草(ななくさ)の一つ、女郎花(おみなえし)が咲(さ)き始めるのは7月初旬(しょじゅん)。夏中咲いて、10月に実をつけます。その3カ月間に多くの昆虫が訪れます。蜜(みつ)を吸い、花粉(かふん)・実を食べ、汁(しる)を吸う昆虫。そしてそれらの昆虫を食べる昆虫。おもな38種を載(の)せました。
(金子留美子)
赤松の郷昆虫文化館出張展示 江戸時代の虫かごなどなど、上郡町にある赤松の郷昆虫文化館から出張展示。
(相坂耕作)