ニュースのバックナンバー

メンバー、正会員、学生スタッフのみなさんにお送りしているニュースの過去の例です。
情報が古いため、〆切を過ぎたイベント、すでに定員オーバーの場合、電話番号などが非公開のものもあります。

ぜひメンバー登録ください!



────────────────────────────────
こどもとむしのイベントニュース 2010.6.23
────────────────────────────────

うっとうしい梅雨の季節になりました。でも、昆虫にはベストシーズンですよ。
「こども昆虫道場」は、雨のスタートなりましたが、こどもたちは元気! 昆虫道場開催日(次回は7月4日)、館内は混雑しますが、どうぞ温かく見守ってくださるようお願いいたします。

= = = = = = = = = 会員限定!ホタルの夕べ = = = = = = = = =

その2・・・ヒメボタル編
【日時】2010年7月10日(土)19:00〜21:00
【会場】佐用町昆虫館とその近くの参道
【内容】日没直後に、森の中から吹き出すように現れるヒメボタルの美しさを堪能ください。まだゲンジボタルも見られると思います。昆虫館は、この時間まで開館延長します。昨年のようすはブログで(↓)
http://konchukan1.exblog.jp/11509738/
【参加費】100円
【申込方法】事前申込ください。電子メールで office@konchukan.net へ。代表者のお名前、人数、車の台数をお知らせください。
【雨天時】小雨でも実施しますが、みなさまのご判断におまかせします。

※ 駐車場は、必ず、瑠璃寺山門右手の「むしむし広場」をご利用ください。現在、駐車場は復旧工事の資材置き場にもなっており、駐車台数に限度があります。多数の場合は調整し、最悪の場合、お断りすることがあります。お早めにお申込ください。
※ すでにお申し込みいただいている方は、ご参加OKです。


───── 夏のおススメ昆虫系プログラム ──────

◆◆ ひとはく博士と行く 昆虫サマースクール(小学4〜6年生限定:2泊3日含む)
昆虫の宝庫、ハチ北高原(兵庫県香美町)で、2泊3日、朝から晩まで、たっぷりと昆虫採集。事後学習会では、標本作製や調査結果のまとめをし、発表会で成果を発表! 夏休みの自由研究対策もバッチリです。
【日時】7月18日(日)事前学習会、7月23日(金)〜25日(日)ハチ北高原合宿、7月31日(土)・8月14日(土)事後学習会、8月29日(日)発表会
【会場】兵庫県立人と自然の博物館(三田市)・ハチ北高原
【担当】ひとはく連携活動グループrun♪ run♪ plaza/人と自然の博物館 八木 剛 主任研究員/テネラル(大学生高校生スタッフ)
【参加費】32,000円(ハチ北高原へのバス代、宿泊費食費込)
【対象・定員】小学校4〜6年生、15名程度
【申込】FAXまたはメールで、氏名、学年(学校名)、郵便番号、住所、電話番号(FAX/メールアドレス)、セミナー番号(C08)、セミナー名を記入の上、FAX:079-559-2033または電子メール:  seminar@hitohaku.jp (人と自然の博物館)へ申し込みください。
【申込〆切】7月3日(土)
【問い合わせ】 079-559-2033(博物館)または090-9119-2005(ルンルンプラザ)
過去のようすはこちら(↓)
http://runrunplaza05.blog.so-net.ne.jp


◆◆ 神戸元町・夏の昆虫館
佐用町昆虫館の楽しさが、神戸元町に進出! 大好評につき、今年もやります。
【会期】2009年8月12日(木)〜23日(月)10:00〜18:00
【会場】アートホール神戸(JR・阪神元町駅から徒歩すぐ)
【会期中のイベント】昆虫クイズ大会:8月15日(日)13:00〜15:00/クラフトテープで昆虫工作:8月22日(日)13:00〜15:00/諏訪山昆虫探険(日程未定:2、3回)
詳しくはあらためてご案内します。
昨年のようすはこちら(↓)
http://www.konchukan.net/motomachi2009


────────────────────────
 こどもとむしのイベントニュース 2009.5.27 会員限定!ホタルの夕べ
────────────────────────
インフルエンザはたいへんでした。休館しそびれた某県立大型博物館は、静まり返っておりました。
佐用町昆虫館は、次の週末から開館します。ぜひお越し下さい。
ホタルの季節がはじまりました。ホタルをまだ見たことのない人は、必ず見ましょう!

= = = = = = = = = = 会員限定!ホタルの夕べ = = = = = = = = = =

その1・・・ゲンジボタル編
【日時】2009年6月13日(土)19:00〜21:00
【会場】佐用町昆虫館とその近くの千種川
【内容】昆虫館からぶらぶら歩いて、風流なゲンジボタルを観察します。はじめての企画につき、ホタルがたくさん見られるとは限りませんので、ご了承ください。昆虫館は、この時間まで開館延長します。

その2・・・ヒメボタル編
【日時】2009年7月11日(土)19:00〜21:00
【会場】佐用町昆虫館の庭とその付近
【内容】日没直後に、森の中から吹き出すように現れるヒメボタルの美しさを堪能ください。こちらは昨年もしましたので、自信あり。昆虫館は、この時間まで開館延長します。

どちらも、以下の要領で、事前申込ください。駐車場の台数に限度があるため、多数の場合は調整し、最悪の場合、お断りすることがあります。お早めに申込ください。

【参加費】100円
【申込方法】電子メールでoffice@konchukan.netへ。代表者のお名前、人数、車の台数をお知らせください。
【雨天時】小雨でも実施しますが、みなさまのご判断におまかせ。


───── 他のおすすめ、ホタル系プログラム 会員限定ではありません ─────

?? ヒメボタル観察オールナイトハイキング
阪神間の有名なハイキングコース、旧福知山線廃線軌道を歩きます。ここにもヒメボタルがいますが、深夜に光ります。現地に駐車場はなく、終電には間に合わないので、こういうディープな企画になってしまいました。朝まで語り合いましょう?
【日時】6月26日(金)22:00〜翌27日(土)朝5:00
【会場】JR宝塚線「武田尾」駅集合、「生瀬」駅解散
【担当】八木 剛ほか
【参加費】500円(中学生以下300円)
【対象・定員】小学校5年生以上50名、多数の場合抽選 【申込〆切】6月14日(日)
【申込】FAXまたはメールで氏名、学年(学校名)、郵便番号、住所、電話番号(FAX/メールアドレス)、セミナー番号C10を記入の上、FAX:079-559-2033または電子メールseminar@hitohaku.jpへ。
【問合せ】079-550-2003(ひとはく)

?? 第4回姫ボタルまつり
丹波市山南町では、各所にヒメボタルが見られるスポットがあります。その日によって案内される場所が異なります。ぜひお楽しみください。ヒメボタル初心者の方が、へえ〜こんなところにいるのか、と学ぶにはおすすめのプログラムです。
【日時】6月20日(土)、27日(土)、7月4日(土)、11日(土)18:00〜19:30
【会場】丹波市山南町 6月の2回は薬草薬樹公園リフレッシュ館横集合、7月は丹波市役所山南支所(やまなみホール)前集合 JR谷川駅から無料送迎バス有り。
【担当】実行委員会のみなさん
【参加費】300円
【対象・定員】とくになし
【申込】不要
【問合せ】実行委員会代表藤原さん 090-5041-9962

?? ヒメボタルの観察会
【日時】7月4日(土)19:30〜21:00
【会場】県立ささやまの森公園(兵庫県篠山市)
【参加費】100円
【対象・定員】30名(子どもは保護者同伴)
【申込】6月4日午前9時より電話で申込開始。先着順。ささやまの森公園:079-557-0045
【問合せ】同上


───────────────────────────────────
 こどもとむしのイベントニュース 2009.4.28 KON-PASSができました!
───────────────────────────────────

なんだか寒いですね。こないだの週末、佐用町昆虫館は、ストーブがついてました ハ>_<
ゴールデンウィークはぜひ佐用町昆虫館へ。高速道路は安いです。混んでますけど。


──── KON-PASS こんちゅうかんパスポートをつくりました ────

こどもとむしの会では、KON-PASS こんちゅうかんパスポートをつくりました。ハガキサイズのかわいいメモ帳です。スタンプを集めるのも楽しいよ。KON-PASSスペシャルサイトはこちら(↓)
http://www.konchukan.net/kon-pass

実物は虫の写真がホームページほど鮮やかな色でなくてちょっと残念。。。
ぜひ来館記念に、おみやげにどうぞ。1冊200円ですが、メンバーは1割引!
今のところ佐用町昆虫館でしか売ってません。
? 佐用町内、たつの市内の全小学校3年生には、無料配布されます。

じつは、KON-PASSには、通し番号がついています。宝くじのように、お楽しみ抽選会があるかも!!(番号は選べませんのであしからず)


──── 佐用町昆虫館の生きもの ────

生き物が増えてきました。内海先生がシロスジカミキリをつかまえてきてくださり、大人気中。さわってみましょう。

昆虫館で飼っているクロスジギンヤンマのヤゴが続々と羽化しています。明日は何匹トンボになってるかな?

明日来た人には「すぐに羽化する」ヤゴをプレゼントしましょう。おうちで羽化を観察してください。

これらのようすは、ブログをごらんください。羽化の写真もあります。
http://konchukan1.exblog.jp/


──── 佐用町昆虫館のイベント ────

すべて当日現地で受付です。参加費は100円から300円。
講師や持ち物などの詳細は、佐用町昆虫館のホームページをごらんください。
http://www.konchukan.net/sayo/education.html

?? 「すぐに羽化するクロスジギンヤンマのヤゴ」プレゼント!
明日、4月29日(水祝)先着順。数に限りがあります。1家族1匹でおねがい。
エサは必要ありません。コップに水を入れて棒を立てておくと、トンボになります。
これは無料。そのかわり、羽化したら、感想などをメールで知らせてね。

?? かわむし集めであそぼう!
川遊びと川の生きものしらべ。
5月2日(土)13:00〜15:00

?? ミツバチの観察
巣箱の開封式と観察。みなさんは見るだけ。
5月3日(日)10:00〜12:00
5月4日(月祝)13:30〜15:00

?? オリジナル缶バッジをつくろう
お絵描きやぬりえをして、バッジに!
5月5日(火祝)11:00〜15:00

?? てんとうむしの遊園地づくり
ペットボトルでシーソーなど。
5月6日(水祝)10:30〜12:00

?? 標本づくりにチャレンジ!
5月10日(日)11:00〜15:00


──── 内海前館長 自然環境功労者として表彰 ────

内海功一前館長が、「みどりの日」自然環境功労者として、環境大臣から表彰されます。
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090420ddlk28070272000c.html

今頃、授賞式のため、東京に行っておられるのではないかと思います。
みんなでお祝いしなくっちゃ!!


───────────────────────────────────
 こどもとむしのイベントニュース 2009.4.9 ゴールデンウィークは昆虫館へ!
───────────────────────────────────

春爛漫ですね。外へ出ましょう!
渋滞やイヤだけど、高速道路は安いです。休日はぜひ佐用町昆虫館へ。
毎週末にイベントがあります。ゴールデンウィークは毎日何かあります!

──── 佐用町昆虫館のイベント ────

すべて当日現地で受付です。参加費は100円から300円。
講師や持ち物などの詳細は、佐用町昆虫館のホームページをごらんください。
http://www.konchukan.net/sayo/education.html

?? 親子で虫や花を描こう
近藤画伯の指導で楽しくお絵描き。
4月11日(土)13:00〜15:00【これは明日だよ!】

?? カブトムシのベビーベット作り
一年間楽しめますよ。
4月12日(日)10:30〜12:00頃【これは明後日です!】

?? クラフトテープでナナフシづくり
これはいい!実物は「むしの宝箱」に展示されています。
http://www.konchukan.net/sayo/takarabako_in.html
4月19日(日)13:00〜15:00

?? 春のチョウさがし
チョウチョのスペシャリストになれるぞ!
4月25日(土)11:00〜15:00

?? 標本づくりにチャレンジ!
やってみよう。回を重ねると上達します。
4月26日(日)11:00〜15:00
?「標本づくり」は、毎月第2、第4日曜日に開催予定。講師は異なります。

?? かわむし集めであそぼう!
川遊びと川の生きものしらべ。
5月2日(土)13:00〜15:00

?? ミツバチの観察
巣箱の開封式と観察。みなさんは見るだけ。
5月3日(日)10:00〜12:00
5月3日(月祝)13:30〜15:00

?? オリジナル缶バッジをつくろう
お絵描きやぬりえをして、バッジに!
5月5日(火祝)11:00〜15:00

?? てんとうむしの遊園地づくり
ペットボトルでシーソーなど。
5月6日(水祝)10:30〜12:00

?? 標本づくりにチャレンジ!
5月10日(日)11:00〜15:00

──── 佐用町昆虫館開館の報道 ────

佐用町昆虫館は、4月4日、無事に開館しました。小雨にも関わらず、たくさんの人が来てくださいました。
当日の昆虫館のようすは、ブログで紹介していますので、ぜひごらんください。
http://konchukan1.exblog.jp/

朝日放送NEWSゆう+で、放映されました。
NEWSゆう+の記事: http://webnews.asahi.co.jp/you/push/p20090406.html
保坂アナのブログ: http://webnews.asahi.co.jp/you/plustalk/hosaka_20090401.html

新聞各紙にも報道されました。朝日新聞は探せませんでした。。。(涙)
神戸新聞: http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/0001795513.shtml
読売新聞: http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20090405-OYT8T00069.htm
毎日新聞: http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090404ddlk28040450000c.html

? URL(ホームページアドレス)が途中で改行されている場合ページが表示されないことがあります。その場合は、最後の.htmまたは.htmlまで、入力してください。
「佐用町昆虫館」で検索すればこれらは出てきますが。。。


───────────────────────────────────
 こどもとむしのイベントニュース 2009.4.2 佐用町昆虫館いよいよ開館!
───────────────────────────────────

ここしばらく寒い日が続きますが、春ですよ、春っ!

いよいよ4月4日、こどもとむしの秘密基地ー佐用町昆虫館が開館します。
昆虫館は、4月から10月の、土曜・日曜・祝日のみ開館です。週末は、ぜひ「秘密基地」にお越し下さい。高速道路も安いですから!
昆虫館では、いつでも、自由に虫とりをしたり、虫をさわったり、お絵かきもできます。
私たちNPO法人こどもとむしの会の正会員が、交代で「一日館長」をつとめます。
気軽に声をおかけください。

◆◆ 佐用町昆虫館「むし開き」
おまたせしました。開館です! 
【日時】2009年4月4日(土)10:00から記念式典 13:00からイベント
【会場】佐用町昆虫館 おにぎりパクパク広場(テープカットは入口付近)
 ※ 自家用車でお越しの方は、昆虫館前ではなく、瑠璃寺山門手前の広場(むしむし広場)に駐車ください。また、なるべく乗り合いでのご来場をお願いします。
【内容】10:00から10:45 記念式典、13:00から15:00 オリジナルバッジをつくろう、スライムであそぼう、いもりすくい(予定)

記念式典列席者:町長、県議会、町議会議員、自治会長などなど
テープカッター:内藤理事長、町長、船越自治会長、三河小学校児童5人(予定)

特別に、式典シナリオの一部をご紹介しちゃいましょう。
9:57(アナウンス)「ご来賓・ご参加の皆様に申し上げます。本日はお忙しい中、『佐用町昆虫館・開館記念式典』にご出席頂き誠にありがとうございます。まもなく、開館式に先立ち、テープカットを行いたいと思いますので、出席の皆様はあちら昆虫館入り口にて、お集まりいただきますようお願い申し上げます。」
テープカットが最初に行われ、以後あいさつがたくさん続きます ^ ^ ;

地元ケーブルテレビ「さようチャンネル」、テレビ朝日の夕方の報道番組「NEWSゆう」、新聞各紙の取材があります。「NEWSゆう」は特集として4月6日の放送予定です(大事件などにより延期や中止の可能性があります)。

─────── 佐用町昆虫館のイベント ──────────────
イベントや教室をたくさん企画しています。4月後半の分はあらためてお知らせします。

◆◆ 親子で虫や花を描こう
昆虫標本や花をモデルに、絵を描いてみましょう。画材などの材料は昆虫館で用意します。作品は昆虫館のキッズコーナーに展示することもできます。
【日時】4月11日(土)13:00〜15:00
【会場】佐用町昆虫館スタディらぼ
【担当】近藤伸一
【参加費】1人200円
【定員】12名程度
【申込】不要。当日先着順

◆◆ カブトムシのベビーベット作り
コンパネで作った枡を館庭付近に設置して、参加者で落ち葉や朽木などを小さく砕いて、コンパネ枡に入れ、今年の夏のカブトムシの産卵を待ちます。終了時には、この夏にカブトムシが卵を産んでくれる事を願ってジュースで乾杯しましょう。今年の秋に幼虫がいた場合、作業に参加した方優先で幼虫の飼育に挑戦していただきます。
【日時】4月12日(日)10:30〜12:00頃
【会場】佐用町昆虫館
【担当】山本勝也・小西真弓
【持ち物】野外活動のできる服装。軍手、ノコギリ、コップ(乾杯用)
【参加費】1人100円
【定員】10名程度
【申込】不要。当日、10:30に館へ集合ください。

◆◆ クラフトテープでナナフシづくり
昆虫館にはナナフシのかわいい赤ちゃんがたくさんいます。観察しながら、クラフトテープで、ナナフシをつくっちゃおう! ほかの虫をつくってもいいですよ。作品は昆虫館のキッズコーナーに展示することもできます。
【日時】4月19日(日)13:00〜15:00
【会場】佐用町昆虫館スタディらぼ
【担当】古賀督尉
【参加費】1人100円
【定員】12名程度
【申込】不要。当日先着順

◆◆ 佐用町昆虫館のホームページができました。
http://www.konchukan.net/sayo
まだ工事中が多く、情報も追いついていないですが、一度ごらんください。


────────────────────────
こどもとむしのイベントニュース 2009.2.20
────────────────────────
少しずつ春の気配がするこのごろです。みなさま、いかがおすごしでしょうか。
今日は、11月30日の「がんばれ昆虫館セール」で持ち帰られたイモリについてのお問い合わせをいただきました。かわいがってくださって、とてもうれしいです^^
みなさんも、ご質問がありましたら、いつでも事務局までどうぞ。

◆ 予告です! 佐用町昆虫館「むし開き」
【日時】2009年4月4日(土)10:00から
【会場】佐用町昆虫館
【内容】いよいよ佐用町昆虫館がオープンします。昆虫館は、4月から10月の土・日・祝日の開館です。オープン初日のこの日は、町長さんのあいさつなどの行事のほか、こどもとむしの会による楽しいイベントを実施します。みなさん、スケジュールを空けておいてくださいね。くわしい内容は、決まりしだいお知らせします。
◆ 第1回関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い
【主催】日本チョウ類保全協会・兵庫県立人と自然の博物館共催
【日時】2009年3月1日(日)
【会場】兵庫県立人と自然の博物館 4階大セミナー室
 ・電車ご利用の場合:神戸電鉄「フラワータウン駅」下車すぐ
 ・車ご利用の場合:中国自動車道「神戸三田IC」より5分
【内容】ギフチョウ、ヒメヒカゲ、ウスイロヒョウモンモドキ、ウラジロミドリシジミなどの現状とその保全活動についての報告があります。会員外の方もどうぞご参加ください。

<中略>

【参加費】無料。ただし、観覧料が必要です(大人200円)。
【申込み】当日の参加も可能ですが、準備の都合上、参加をご希望の方は2月26日(木)までに、電子メールでbutterfly-conservation@japan-inter.netへお申し込みください。なお、終了後、懇親会を予定しており、会費は3000円の予定です。懇親会の参加についても合わせてご連絡をお願いします。
【問合せ】特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局
140-0014 東京都品川区大井1-36-1 曽根プラザ301号
TEL 080-5127-1696(中村さん)E-mail:butterfly-conservation@japan-inter.net
ホームページ:http://www.japan-inter.net/butterfly-conservation/

◆ 共生のひろば展
多くのみなさんからの出展による企画展示です。上記に合わせてぜひご覧ください。
ユース昆虫研究室中学生による1年間の採集成果(神戸市北区藍那:国営明石海峡公園神戸地区での)には、けっこうな品が入っています。「こどもとむしの会」もパネル2枚を展示しています。
【期間】2009年2月15日(日)から4月5日(日)まで
【会場】2階企画展示室
【観覧料:無料(ただし、博物館観覧料は必要です)
http://www.hitohaku.jp/exhibits/temporary_old/2008/mini08.html#kyousei


────────────────────────
こどもとむしのイベントニュース 2009.1.1
────────────────────────
あけましておめでとうございます。
今年は丑年(うしどし)です。牛といえば「天牛」=カミキリムシ!! 佐用町昆虫館が新たに開館する、記念の年にふさわしいですね。
新年も、NPO法人こどもとむしの会を、どうぞよろしくお願いします。

<こどもとむしの会会員・メンバー限定プログラム>
◆ 昆虫館の大掃除&掘り出し物市(?)
【日時】2009年1月18日(日)/2月1日(日)両日とも11:00〜15:00
【会場】佐用町昆虫館
【内容】4月の開館に向けて昆虫館内の大掃除を行い、不要物品は廃棄します。しかし、大小の水槽、ガラス器具類など、もったいないものがたくさんありますので、当日、希望者にお持ち帰りいただきます。昆虫館ゆかりの品々を、ご家庭・オフィスで末永くご愛用ください。今回は、一般向けの告知はせず、販売もしません(カンパは歓迎)。お掃除にご協力いただける場合は、汚れてもよい服装でお越しになり、ぞうきんを持参ください。
【問合せ】こどもとむしの会事務局 TEL: 080-3853-6483

<正月から開いてる博物館>
◆ 伊丹市昆虫館・・・1月1日から(1月12日まで無休)。1日から3日は「新春ちょうちょおみくじ」」あり。大吉の方にはオリジナルバッジプレゼント。
◆ 須磨海浜水族園・・・1月2日から。2日、3日は先着1000名にプレゼントあり)
◆ 橿原市昆虫館・・・1月3日から。12日までオリジナル缶バッジを作ろう
◆ 兵庫県立人と自然の博物館・・・1月3日から。3日は羽根つきコマ回しなど。4日はカミキリムシほじくり作戦!

<イベント情報>
◆ カミキリムシほじくり作戦!
【日時】2009年1月4日(日)13:30〜14:30
【会場】兵庫県立人と自然の博物館4階ひとはくサロン
【内容】開催中のミニ展示:干支展「ネズミさんありがとう。ウシさんようこそ!」にちなんだイベント。アラカシの材をノコギリで丸太切りし、巨大なシロスジカミキリをほじくり出します(かわいそうだけど、害虫退治)。要体力。ノコギリ貸します。干支展は1月12日まで。ネズミの焼き物 、ネズミとモグラの巣模型、遊んで学ぼう!ネズミ体験コーナー、三田牛にまつわるあれこれ、『ウシ』の名前がついた動植物、ウシカメムシ青赤立体写真、カミキリムシ写真パネル、生きたウミウシなど
【参加費】無料(観覧料必要:大人200円/県内在住小中学生無料)
【申込み】不要。当日会場にお越し下さい
【問合せ】兵庫県立人と自然の博物館 TEL: 079-559-2003

◆ 蔵出し資料展「播磨のファーブル 大上宇市の昆虫記」
【日時】2009年1月6日(火)〜2月10日(火)9:00〜17:00
【会場】たつの市新宮支所ロビー(たつの市新宮町宮内16)
【内容】知る人ぞ知る博物学者:大上宇市の蔵書資料のうち、昆虫に関する資料と写真パネルを展示。『昆虫図考』『昆虫目録』『日本昆虫学会会報』『日本害虫目録』『古今昆虫句集』『日本千虫図解』など。
【観覧料】無料
【問合せ】たつの市教育委員会文化財課 TEL: 0791-75-5450

◆あれもこれもウシ? かぎゅうのお話
【日時】2009年1月10日(土)13:00〜14:30
【会場】兵庫県立人と自然の博物館4階大セミナー室
【内容】「新春講談 でんでんむしのめでたい話」(河南堂珍元斎)「柳田國男と『蝸牛考』」(鈴木 武 研究員)
【参加費】無料(観覧料必要:大人200円/県内在住小中学生無料)
【申込み】不要。当日会場にお越し下さい
【問合せ】兵庫県立人と自然の博物館 TEL: 079-559-2003

◆ 伊丹市昆虫館講演会「昆虫から見た身近な環境」
【日時】2009年 1月12日(月祝) 13:45〜15:15(開場13:30)
【会場】スワンホール(伊丹市昆陽池2-1)※伊丹市昆虫館ではありません!
【講師】宮武 頼夫さん(橿原市昆虫館友の会会長・元大阪市立自然史博物館館長・こどもとむしの会正会員)
【内容】自然のなかの、昆虫の大切なやくわ りのおはなしです。「いなくなった虫や、見られるようになった虫はどれ?」「環境と、虫や私たちの生活ってど んな関係があるの?」虫たちの目で、気持ちで考えながら身近な自然の楽しみ方を伝えます。
【参加費】無料
【申込み】不要。当日会場にお越し下さい
【問合せ】伊丹市昆虫館 TEL: 072-785-3582 ※会場は伊丹市昆虫館ではありません!

◆ さよう子どもアートスクール作品展
【日時】2009年1月18日(日)〜31日(土)9:00〜17:00
【会場】さよう文化情報センター(佐用町役場横)
【内容】「さようの自然は〇(まる)ごとアート!」1年間のまとめの展覧会。子どもたちの手作り展示です。お世話になった機関の紹介や出品も。NPO法人こどもとむしの会もパネル出展します。
【協力・出品団体】佐用町住民ディレクター・兵庫県立人と自然の博物館・千種川圏域清流づくり委員会・兵庫県立西はりま天文台公園・兵庫県立美術館・兵庫県立佐用高等学校美術部
【観覧料】無料
【問合せ】佐用町生涯学習課 TEL: 0790-82-3336


────────────────────────
こどもとむしのイベントニュース 2008.12.6
────────────────────────
12月13日(土)日本昆虫学会近畿支部2008年度大会・日本鱗翅学会近畿支部第137回例会(昆虫学公開研究発表会)が、兵庫県立人と自然の博物館で開催されます。
すべてのプログラムは一般公開ですので、お誘い合わせの上、この機会に、ぜひ昆虫学の先端研究を聴講ください。学会ですので、内容は、ちょっと難しいと思いますけれど。

こちらにも同じ情報を置いています(チョウの写真付き)
http://info.hitohaku.jp/blog/2008/12/06/
(以下略)

────────────────────────
こどもとむしのイベントニュース 2008.11.26
────────────────────────

いよいよつぎの週末は、がんばれ昆虫館セールです!!

みなさんの行いがよいのか、お天気はだいじょうぶのようです。
お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
温室植物、ぜんぶ持って帰ってください! 全部で13店出ます。

チラシ(交通案内)、出店内容はホームページから
http://www.konchukan.net/topics.html
会場や準備のようすは「こどもとむしブログ」をごらんください。
http://konchukan1.exblog.jp/

11月25日(水)付の朝日新聞(はりま版)に記事が掲載されました。近々神戸新聞にも紹介される見込です。
http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000000811260003


────────────────────────
こどもとむしのイベントニュース 2008.10.30
────────────────────────

◆ がんばれ昆虫館セール

主催:NPO法人こどもとむしの会 協力:三河地域づくり協議会・三河地区自治会・佐用町教育委員会・兵庫県立人と自然の博物館

現在閉館中で、来春開館予定の「佐用町昆虫館」では、この冬に、温室等の撤去工事が行われます。
それに合わせて、前昆虫館長内海功一先生が長年育てて来られた温室の植物などを、みなさんにおすそわけし、楽しいバザー・フリーマーケットを行います。
ご家族ご友人お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

【日時】2008年11月30日(日)10:30〜15:30
【会場】佐用町船越 昆虫館手前 通称「むしむし広場」(瑠璃寺仁王門右手の広場)
【内容】温室で栽培されていた各種植物、地元のみなさんによる出店、オニヤンマ・ギンヤンマのヤゴ、虫のたまご、昆虫館で飼われていた昆虫など。その他日用品、家庭用品、古書などなど
【出店者募集】
あわせて出店者を募集します。1ブース3m×3m、募集20ブース。出店料1,000円。
(出店に必要な物品はすべて出店者でご用意ください。プロの出店はご遠慮ください。飲食物の販売はできません)
申込み:「がんばれ昆虫館セール出店希望」と明記し、出店希望者の1)住所、2)氏名、3)連絡先(電話・FAX・E-mail)、4)主な出店内容を記入の上、E-mailまたはFAXで下記まで。
  E-mail:office@konchukan.net
  FAX:079-559-2033
〆切:11月15日(必着)。多数の場合抽選。折り返し抽選結果と出店要項をお知らせします。
【問合せ】080-3853-6483(NPO法人こどもとむしの会)


チラシをこどもとむしの会のホームページに置いています。ご利用ください。
http://www.konchukan.net/topics.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントニュース 2008.10.15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋の鳴く虫は盛りをすぎ、赤とんぼが元気な季節となりました。兵庫県では18種のアカトンボが記録されています。みなさんのご近所には見られるでしょうか?
さてさて、2008年5月10日に設立総会を行った「NPO法人こどもとむしの会」は、9月19日付で兵庫県からNPO法人設立認証を受け、9月26日付けで神戸地方法務局へ法人設立登記を完了いたしました。いよいよ法人としてのスタートです。みなさまには、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
 
? もくじ ?
◆ 兵庫県立大学公開セミナー 自然を生かした町づくり(10/17西はりま天文台公園)
◆ ありまふじフェスティバル'08秋(10/18・19有馬富士公園)
◆ テントウムシ全員集合展(10/19-11/9橿原市昆虫館)
◆ ひとはくフェスティバル'08(11/3人と自然の博物館)
◆ ナチュラリスト小泉八雲(11/9人と自然の博物館)
◆ 昆虫のスター☆テントウムシの話(11/9橿原市昆虫館)
◆ プチ図鑑 兵庫の赤とんぼ(人と自然の博物館) 

◆ 兵庫県立大学自然・環境科学研究所公開セミナー「自然を生かした町づくり」
【内容・講師】
・その1「兵庫県昆虫館」の歴史とNPOの立ち上げ(神戸大学大学院自然科学研究科教授 竹田真木生)
・その2 人の暮らしと野生動物の関わり〜なぜ野生動物問題が起こるのか〜(自然研 森林動物系教授 室山康之)
・その3 星空を生かした町づくり(自然研 宇宙天文系教授 黒田武彦)
【日時】2008年10月17日(金)16:00〜18:30
【会場】西はりま天文台公園 天文台南館1階
【参加費】無料
【申込】不要
【問合せ】TEL:0790-82-0598(西はりま天文台公園・黒田武彦先生へ)
※ 竹田先生、黒田先生から、佐用町昆虫館に関連する話があります。


◆ ありまふじフェスティバル'08秋
【日時】2008年10月18日(土)19日(日)
【会場】兵庫県立有馬富士公園・三田市有馬富士自然学習センター
【観覧料】無料
【問合せ】TEL:079-562-3040(県立有馬富士公園パークセンター)/TEL:079-569-7727(三田市有馬富士自然学習センター)
http://www.hyogo-park.or.jp/arimafuji/


◆ 「友の会10周年だよ、テントウムシ全員集合」展
橿原市昆虫館友の会が、今年発足10周年を迎えます。その記念事業として「テントウムシ」をテーマにした作品展を開催。
【日時】2008年10月19日(日)〜11月9日(日)
【会場】橿原市昆虫館 2階 特別展示室
【参加費】無料。昆虫館観覧料は必要(大人400円、学生300円、小人100円)
【問合せ】TEL:0744-24-7246(橿原市昆虫館)
http://www.city.kashihara.nara.jp/insect


◆ ひとはくフェスティバル'08
【日時】2008年11月3日(月・祝)
【会場】兵庫県立人と自然の博物館・深田公園
【観覧料】無料。11月1日(土)から3日(月・祝)まで、博物館無料開放です。「ファーブルに学ぶ」展も無料となります。有料の日にも来てほしいですが、フェスティバルにもぜひお越し下さい。13時頃に「虫放天」が行われます。その時間までにみんなで虫を採ってもらい、特設ステージにてみんなで虫を放ちます。荒天中止。
【問合せ】TEL:079-559-2001(人と自然の博物館)
http://hitohaku.jp/top/08event/festival.html


◆ ナチュラリスト小泉八雲
小泉八雲のひ孫で八雲の研究者でもある、小泉凡さんをお迎えしての虫をはじめとする生き物を愛した八雲についてのお話。深田公園で八雲が100年ほど前にきいた鳴く虫の音を体感するツアーもあります。
【内容・講師】
・講談「虫売り」(河南堂珍元斎)
・八雲がとらえた明治日本の音〜虫、蛙、鳥、そして街の音〜(島根県立大学短期大学部准教授・小泉八雲記念館顧問 小泉 凡)
・八雲がきいた鳴く虫(人と自然の博物館 大谷 剛)
【日時】2008年11月9日(日)13:00〜15:00
【会場】兵庫県立人と自然の博物館 本館4階大セミナー室
【参加費】無料。博物館観覧料は必要(大人600円、中学生以下300円)
【申込】不要
【問合せ】TEL:079-559-2001(人と自然の博物館)
http://hitohaku.jp/daisakusen/index.html
※ ひとはくファーブル大作戦!会期は11月30日(日)までです。会期中毎週土曜日14:00〜14:30には、研究員のギャラリートークがあります。


◆ 昆虫のスター☆テントウムシの話
テントウムシは可愛くて親しみのある昆虫です。カブトムシ達に比べ小さな体だけれど、イロイロなデザインにも使われ、人気があります。今回、今までに分かったテントウムシのいろんな面について、Q&A形式でご紹介します。
【日時】2008年11月9日(日)14:00〜16:00頃
【会場】橿原市昆虫館 会議室
【講師】桜谷保之(近畿大学農学部教授)
【対象】小学生以上(低学年は保護者同伴)
【定員】30名
【参加費】無料。昆虫館観覧料は必要(大人400円、学生300円、小人100円)
【申込】10月21日(火)10:00より電話0744-24-7246にて順次受け付け。定員になり次第〆切。
【問合せ】TEL:0744-24-7246(橿原市昆虫館)
http://www.city.kashihara.nara.jp/insect


◆ プチ図鑑 兵庫の赤とんぼ
兵庫県で見られるアカトンボと、赤いトンボを、写真で紹介しています。A5判20ページ。
印刷されたものは在庫がなくなりました。こちらからPDFファイルがダウンロードできます。
http://hitohaku.jp/publications/book.html
高解像度のものをご入用の場合は、人と自然の博物館八木までリクエストください。yagi@hitohaku.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  こどもとむしのイベントニュース 2008.9.14
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
虫の声がにぎやかになってきて、いよいよ秋ですね〜
みなさん、楽しい夏を過ごしましたか?
やっと夏休みが終わった、とホッと一息のお父さん、お母さん。秋には秋の虫さんが、みなさんを待ってますよ〜

? もくじ ?
◆ ひとはくファーブル大作戦!(9.20-/兵庫県立人と自然の博物館)
◆ 「未来のファーブル」作品募集(実施中/兵庫県立人と自然の博物館)
◆ ミニ企画展「さんだのバッタ」(9.20-/三田市有馬富士自然学習センター)
◆ 親と子の鳴く虫の夕べ(10.4/鳴く虫研究会「きんひばり」)
◆ キッピー山の企画展「いきもののかたち」(10.11-/三田市有馬富士自然学習センター)

──────────────────────────────

◆ ひとはくファーブル大作戦!
「「昆虫記」刊行100年記念日仏共同企画 ファーブルにまなぶ」展は、昨年から各地を巡回し、人と自然の博物館での開催が最終回となります。お見逃しなく。ひとはくでは、兵庫のナチュラリスト、昆虫不思議ラボ、みなさんからの出展「ひょうごのファーブル・未来のファーブル」などを加え、ひとはくファーブル大作戦!として、みなさんの来場をお待ちしています。
【会期】9月20日(土)〜11月30日(日)
【会場】兵庫県立人と自然の博物館
【観覧料】600円(大人)
【問合せ】079-559-2001(ひとはく)
サイト:http://hitohaku.jp/daisakusen

<みどころを少し>
・初日9月20日(土)10時から、記念式典で「虫放天(むしほうてん)」をします。ハト飛ばしの代わりに、虫を飛ばします。前代未聞につき、うまくいくか不明。ぜひご見学ください。
・ヘルマンヘッセの小説でも有名な「クジャクヤママユ」が展示されています。たしかに上品な蛾ですが、そんなに魅力的かなあ? 日本のものに比べてどうでしょう? 秋はヤママユの季節です。
・ファーブル自身が集めた標本もあり。南フランスの昆虫標本もたくさん出ます。よくある昆虫展では、熱帯の大型美麗珍奇虫が多いですが、ヨーロッパの虫は以外に知られていないです。昆虫通には興味深いでしょう。
・毎週土曜日には研究員がギャラリートークします。
・播磨の博物学者、大上宇市(おおうえういち)の100年前の自筆書を公開(たつの市教委所蔵)。ここに登場するトンボから、当時の環境が想像できます。
http://info.hitohaku.jp/blog/2008/09/12/
・ファーブル大作戦!ポイントカード、つくりました。5ふぁーぶる以上集めると記念品あり。


◆ 「未来のファーブル」出展作品募集
 ひとはくファーブル大作戦!期間中、こどもたちの作品を募集します。みなさんの発見、観察をご紹介ください。
 15cm各のケースに入る現物資料または写真やイラスト(30cm×30cmのパネルで展示)に、本人の写真をつけて、応募ください。
 むしろ、作品そのものよりも、いろんな発見や観察をした「人」を紹介する企画です。こどもたちの笑顔など、大歓迎。
 出展者には招待券2枚と、5ふぁーぶるポイントをプレゼント。
【期間】応募は10月13日まで(展示は11月30日まで)
【申込み】ひょうごのファーブル・未来のファーブル 募集要項と応募用紙はこちらから
http://hitohaku.jp/daisakusen/mirai_no_fabre/bosyu.html
【問合せ】079-559-2003(ひとはく生涯学習課)


◆ ミニ企画展「さんだのバッタ」(三田市有馬富士自然学習センター)
三田にすんでいるバッタを全種紹介。展示を見るだけで、キミはバッタ博士だ!
学習センターオリジナル「三田のバッタ図鑑」がもらえます。これは他地域でも使えるスグレモノ!です。ゲットされることを強くおすすめします。
【会期】9月20日(土)〜12月14日(日)
【観覧料】無料
【問合せ】079-569-7727(学習センター)


◆ 親と子の鳴く虫の夕べ 鳴く虫5種類覚えよう
親子にわかれて鳴く虫の聞き方・楽しみ方を学びましょう。ひとはくの大谷先生もサポートで参加します。
【主催】鳴く虫研究会「きんひばり」
【日時】2008年10月4日(土)19:00〜21:00
【会場】道場町「日下部ふれあい会館」〜道場町有野川周辺
【受講料】600円(中学生以下400円)
【申込み】E-mail: seminar@hitohaku.jpまたはFAX: 079-559-2033(ひとはく)。セミナー番号(C18)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記。〆切8月3日(多数の場合抽選)
Webからも申込可能→ http://hitohaku.jp/education/08syousai/C18.html
【問合せ】079-559-2003(ひとはく生涯学習課)


◆ キッピー山の企画展「いきもののかたち」(三田市有馬富士自然学習センター)
まる、さんかく、しかく、面白い形、変な形、何かにそっくりな形・・・。「生き物の形」にはきれいな色合いからヘンな形まで、面白くて楽しい多様性に溢れています。「すっげー!」と「なんやこれ!」連発間違いなし!
【会期】10月11日(土)〜1月12日(月祝)
【観覧料】無料
【問合せ】079-569-7727(学習センター)


みなさまからも、イベント情報、ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こどもとむしのイベントニュース 2008.8.10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こどもとむしの会のみなさま

お忙しいところ恐縮です。ひとはくの藤本です。事務局からも広報していただいていますが、ひとはくセミナー「魅力再発見ハイキング 南光編」駄目押しの広報です。

今回のハイキングでは、内海功一先生(昆虫館前館長)や岩槻邦男先生(人と自然の博物館館長)の解説で、昆虫館周辺や瑠璃寺まで、道沿いの珍しい植物や昆虫等を観察しながらハイキングです。午後は船越山の、夏でも冷たい風が出る風穴(兵庫県版レッドデータブックで地質景観Aランク)まで登ります。

私はお二人の先生の大ファンです。内海先生はおだやかにお話しながら時々クイズ&ジョーク、それが決まったときの笑顔が素敵です。自然だけではなく歴史や文化にも詳しい先生ならではの解説です。岩槻先生は学生時代に船越で調査をされ、内海先生にお世話になったそうです。内海先生いわく「岩槻君、あのときはお腹こわして大変やったなあ」‥ どんなコラボになるのか楽しみです。ぜひご参加ください。

♪☆♪☆♪   ♪☆♪☆♪
兵庫県立人と自然の博物館
藤本 真里(本セミナー担当)


◆ 魅力再発見ハイキング 南光編
【日時】8月23日(土)10:00〜15:00
【会場】佐用町船越(昆虫館前集合解散)
【定員】20名程度
【参加費】500円(中学生以下300円)
【申込】E-mail: seminar@hitohaku.jpまたはFAX: 079-559-2033(ひとはく)。セミナー番号(F02)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記。〆切8月17日(多数の場合抽選 )
Webからも申込可能→ http://hitohaku.jp/education/08syousai/F02.html
【問合せ】079-559-2003(兵庫県立人と自然の博物館)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こどもとむしのイベントニュース 2008.7.28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暑〜い、夏休みですね! 夏はやっぱり、昆虫でしょう!!
こどもとむしブログもあわせてごらんください。http://konchukan1.exblog.jp

? もくじ ?
◆ 昆虫の標本作り特別編(8.10/三田市有馬富士自然学習センター)
◆ 第4回 みやまあかね祭(8.25/宝塚ゴルフ倶楽部)
◆ 昆虫標本作り実演コーナー2008(8月中の土日月/兵庫県立人と自然の博物館)
◆ 川虫を使った「チチコ(ヨシノボリ)釣り」大会(8.17/佐用町船越の千種川)
◆ 北はりまの昆虫展(8.2-17/北はりま田園空間博物館)
◆ 花と虫の物語ー南米の昆虫たちー(- 8.31/奇跡の星の植物館(淡路島))
◆ 特別展「夏休み むしさんこんにちは」(- 8.31/伊丹市昆虫館)
◆ 魅力再発見ハイキング 南光編(8.23/佐用町船越)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


子ども向け:要申込
───────────────────────────────
◆ 昆虫の標本作り特別編 【〆切間近、お急ぎください!】
手持ちの昆虫を用いて形の整った完ぺきな標本を作ります。
【日時】8月10日(日)13:00〜15:00
【会場】三田市有馬富士自然学習センター
【対象・定員】親子・一般 10組
【参加費】1セット500円
【申込】往復ハガキに参加者全員の〒住所・氏名・年齢・電話番号を記入の上、〒669-1313三田市福島1091-2有馬富士自然学習センター「昆虫標本」係まで。〆切:8月1日(金)必着。応募多数の場合は抽選。
【問合せ】電話:079-569-7727(三田市有馬富士自然学習センター)
【主催】三田市有馬富士自然学習センター

◆ 第4回 みやまあかね祭
日本でいちばん美しい赤とんぼ、ミヤマアカネと遊ぼう。夏休みのフィナーレはこれで決まり!
【日時】8月25日(月)
【会場】宝塚ゴルフ倶楽部
【対象】親子
【参加費】無料
【申込】こちらのホームページからチラシをダウンロードし、FAXにてお申込ください。〆切:8月2日(土)
→ http://web.mac.com/pedemontanum/iweb/akane/Resources.html
【問合せ】電話:079-559-2001(兵庫県立人と自然の博物館 八木)
【主催】あかねちゃんクラブ


子ども向け:申込不要
───────────────────────────────
◆ 昆虫標本作り実演コーナー2008
ひとはくの研究員が昆虫標本づくりの実演をします。実演中にいろいろな質問を受け付けます。
【日時】8月中の毎週土・日・月曜日 13:00〜15:00
【会場】兵庫県立人と自然の博物館
【対象】どなたでもご自由に
【参加費】いりませんが、博物館の観覧料が必要です(大人200円、県内在住小中学生・幼児無料)
【申込】不要
【問合せ】電話:079-559-2003(兵庫県立人と自然の博物館)

◆ 川虫を使った「チチコ(ヨシノボリ)釣り」大会
道具はこちらで準備します。みんなでチチコ釣りに挑戦!
持ち物:川に入れる服装(水着、帽子、タオル、水中めがね、ゴーグルなど)、お弁当、水筒
【日時】8月17日(日)10:00(受付開始)〜13:00頃
【会場】佐用町船越 昆虫館付近の千種川(受付は昆虫館前)
【対象】親子推奨
【参加費】大人500円、子供100円
【申込】不要
【問合せ】電話:090-****-****(千種川圏域清流づくり委員会 横山)
【主催】千種川圏域清流づくり委員会
※ 「千種川の日(8月第1日曜日)協賛のイベントです。この夏に流域で4大会を実施

◆ 北はりまの昆虫展
子どもたちがつくった標本、地元収集家の撮った写真パネル、兵庫県立人と自然の博物館から、世界の甲虫・蝶の標本展示など → http://www.k-denku.com/event/kontyuu/kontchu080802.html
【日時】8月2日(土)〜17日(日)
【会場】北はりま田園空間博物館(でんくう)総合案内所体験学習コーナー
【参加費】無料
【申込】不要
【問合せ】電話:0795-25-2370(北はりま田園空間博物館)

◆ 花と虫の物語ー南米の昆虫たちー
日本人ブラジル移住100周年を記念。夏休み子供企画は昆虫の宝庫ブラジルに因み「花と虫の物語−南米の昆虫たち」を開催。300匹以上の昆虫標本が登場します!  → http://www.kisekinohoshi.jp 
【日時】7月19日(土)〜8月31日(日)
【会場】兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
【入館料】大人600円、小学生180円(詳細はお問い合わせください)
【申込】不要
【問合せ】電話:0799-74-1200(奇跡の星の植物館)

◆ 特別展「夏休み むしさんこんにちは」
夏休みは、虫と人とが出会う絶好のチャンスです! むしをみつける、むしとふれあう、むしのことをしらべる、むしの世界をたのしむ、自分なりの「むしさんこんにちは」をさがしに来てください!
→ http://www.itakon.com
【日時】7月16日(水)〜8月31日(日)
【会場】伊丹市昆虫館
【入館料】大人400円、子ども100円
【申込】不要
【問合せ】電話:072-785-3582(伊丹市昆虫館)


一般向け:要申込
───────────────────────────────
◆ 魅力再発見ハイキング 南光編
【日時】8月23日(土)10:00〜15:00
【会場】佐用町船越(昆虫館前集合解散)
【定員】20名程度
【参加費】500円(中学生以下300円)
【内容・講師】内海功一前兵庫県昆虫館長、シダ植物の権威:岩槻邦男ひとはく館長といっしょに歩くハイキング。ひとはく藤本真里研究員がご案内。
【申込】E-mail: seminar@hitohaku.jpまたはFAX: 079-559-2033(ひとはく)。セミナー番号(F02)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記。〆切8月3日(多数の場合抽選)
Webからも申込可能→ http://hitohaku.jp/education/08syousai/F02.html
【問合せ】079-559-2003(兵庫県立人と自然の博物館)
※ 6月6日号でご案内しましたが日程変更となりましたので再度ご案内します



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こどもとむしのイベントニュース 2008.6.12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もくじ
◆ ふなこし山姫螢の夕べ(7.6/佐用町船越:こどもとむしの会主催)
◆ 小さな虫の標本作り(7.6/三田市兵庫県立人と自然の博物館)
◆ 夜の昆虫観察会(7.19/三田市有馬富士自然学習センター)
◆ 第3回姫ボタルまつり(6.14,21,28,7.5/丹波市山南町)
◆ 高丸山(ハチ高原)夏のチョウ観察会(7.6/養父市ハチ高原)
◆ 森の妖精との素敵な出会い−ヒメボタルの観察会(7.12-13/香美町ハチ北高原)
◆ 公開シンポジウム「COP10に向けて 兵庫から 生物多様性を考える」(6.28/神戸市中央区)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こどもと虫の会主催事業!(メンバー限定)
───────────────────────────────
◆ ふなこし山姫螢の夕べ(佐用町船越)
森にすむキラキラ光る小さなホタル、ヒメボタルに会いに行こう!
昆虫館前の真っ暗な斜面がキラキラと輝きます。これは必見です。
雨天決行しますが、気象警報が出たら中止。
【日時】7月6日(日)19:00〜20:30
【会場】佐用町船越(昆虫館前)
昆虫館前で観察します。車は、必ず、昆虫館手前、山門右手の広場に駐車ください。
【案内】八木 剛ほか(NPO法人こどもとむしの会)
【対象】NPO法人こどもとむしの会の正会員・メンバーと地元三河区の児童園児住民の方だけに案内しています。
【参加費】無料
【問合せ】電話:***-****-****(NPO法人こどもとむしの会・八木)
※ こどもとむしの会主催イベント第2弾です。ご家族ご友人お誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。



子ども向け:要申込
───────────────────────────────
◆ 小さな虫の標本作り
昆虫は地球上に100万種もいます。ほとんどのものは5mm以下の小さな虫です。いろんな種類がいて、よく見るとそれぞれ魅力的! 小さな昆虫を知るには標本にするのがベストです。家の近所でも本気で調べると結構いろんなのがいて、スゴイことになってるかも。
【日時】7月6日(日)13:00〜15:00
【会場】兵庫県立人と自然の博物館
【講師】沢田佳久(人と自然の博物館研究員)
【対象・定員】小中学生・20名
【受講料】600円
【申込】E-mail: seminar@hitohaku.jpまたはFAX: 079-559-2033(ひとはく)で。セミナー番号(C10)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記。〆切6月17日(多数の場合抽選)Webからも申込可能→ http://hitohaku.jp/education/08syousai/C10.html
【問合せ】電話:079-559-2003(人と自然の博物館)


◆ 夜の昆虫観察会
夜の有馬富士公園の昆虫を観察します。
【日時】7月19日(土)18:00〜20:00
【会場】三田市有馬富士自然学習センター・兵庫県立有馬富士公園
【講師】中峰 空(有馬富士自然学習センター指導員)ほか
【対象・定員】小学生以上を含む家族・20人
【参加費】1人300円
【申込】往復ハガキまたはファックスにて参加者全員の〒住所・氏名・年齢・電話番号を記入の上、〒669-1313三田市福島1091-2有馬富士自然学習センター、もしくはFAX:079-569-7737「夜の昆虫観察会」係まで。〆切:7月10日(木)必着
【問合せ】電話:079-569-7727(三田市有馬富士自然学習センター)
【主催】NPO法人キッピーフレンズ



一般向け:申込不要
───────────────────────────────
◆ 第3回姫ボタルまつり(丹波市山南町)
丹波の杜に幻想的に輝く姫ボタルを、皆様と一緒に観察します。
【日時】6月14日(土)・6月21日(土)・6月28日(土)・7月5日(土)
【会場】山南町内各所(日によって異なり、集合場所からバスで移動)
【集合】18:00から19:30の間に集合ください/6月14日・21日は薬草薬樹公園リフレッシュ館横駐車場/6月28日・7月5日は丹波市役所山南支所(やまなみホール前)/JR谷川駅から無料送迎バスあり
【参加費】300円
【問合せ】姫ボタルまつり実行委員会 090-5041-9962(藤原さん)
チラシはこちら(→)http://www.tambacity-kankou.jp/modules/news/article.php?storyid=150



一般向け:要申込
───────────────────────────────
◆ 高丸山(ハチ高原)夏のチョウ観察会
兵庫県の夏の草原のチョウの観察。ここでしか見られない絶滅危惧種「ウスイロヒョウモンモドキ」も飛んでいます。また、草原はオオバギボウシ、ササユリ、オカトラノオなど花盛りです。ピクニックのつもりでぜひご参加ください。弁当持参ください。
【日時】7月6日(日)10:00〜 
【会場】ハチ高原交流促進センター(養父市:ハチ高原スキー場)
【対象・定員】一般・とくになし
【参加費】無料
【講師】近藤伸一ほか(兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会)
【申込】代表者氏名、年齢、参加人数、代表者との関係、住所(市町村まで)、電話、FAXを明記し、FAX:078-362-3069(兵庫県自然環境課)へ。〆切6月30日。申込みされた方は参加できます。当日集合場所(↓)へお越し下さい。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=35/22/49.588&el=134/32/34.430&scl=25000&bid=Mlink
【問合せ】電話:078-362-3274(兵庫県自然環境課)
【主催者】主催:兵庫ウスイロヒョウモンモドキを守る会・兵庫県・但馬県民局・養父市・香美町・(財)ひょうご環境創造協会 協力:氷ノ山鉢伏観光協会・小代観光協会


◆ 森の妖精との素敵な出会い−ヒメボタルの観察会
ハチ北高原には兵庫県に生息する10種のホタルがすべて見られます。また、標高が高く冷涼な気候のため、県内でも遅くまでホタルを見ることができます。そんなハチ北高原で、ホタルの光をみつめながら、素敵な夜を過ごしてみませんか? キャンドルを囲んでの野外ライブもあり。また翌日は、ホタル散策の遊歩道づくり(オプション)も行います。(宿泊される宿は観光協会の指定となります)
【日時】7月12日(土)17:00〜13日(日)1泊2日 
【会場】ハチ北高原(香美町)兵庫県庁前からツアーバスあり
【対象・定員】一般・100名
【参加費】1泊2食7,500円(小学生以下6,500円、6歳以下無料)/ツアーバスは往復大人3,000円、小学生以下2,000円
【申込】代表者および参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号を明記し、FAX:0796-96-0341またはメール:hatikita@mxa.nkansai.ne.jpで(ハチ北観光協会)。〆切7月5日。詳細は申込者に通知。
【問合せ】電話:0796-96-0732(同上)
http://www2.nkansai.ne.jp/org/hatikita


大人向け:要申込
───────────────────────────────
◆ 公開シンポジウム「COP10に向けて 兵庫から 生物多様性を考える」
内容はかなり濃いと思います。
【日時】6月28日(土)10:00〜17:00
【会場】神戸市生田文化会館大ホールhttp://www.kobe-bunka.jp/facilities/ikuta/
【定員】100名(先着順)
【申込み】シンポジウムのタイトル、住所(あれば所属)、氏名、電話連絡先を、メール:sympo@bdnj.org、FAX:03-3817-1886で、生物多様性JAPANまで。〆切:6月25日
【内容】
開会挨拶(岩槻邦男:生物多様性JAPAN代表・兵庫県立人と自然の博物館長)
Session1:生物多様性を守るために
・恐竜時代から考える現在の生物多様性(西田治文:中央大学教授・生物多様性JAPAN事務局長)
・生物多様性ちば県戦略と市民・NPO、そして子どもたちの未来(中村俊彦:千葉県立中央博物館副館長)
Session2:兵庫で守る生物多様性
・生物多様性兵庫県戦略構想(中瀬 勲:兵庫県立大学教授・兵庫県立人と自然の博物館副館長)
・生物多様性に対する兵庫の取り組み(服部 保:兵庫県立大学教授・兵庫県立人と自然の博物館自然環境再生研究部長)
Session3:世界と日本の生物多様性
・生物多様性条約COP9 NGO活動報告(音谷紗絵:中央大学・生物多様性JAPAN事務局)
・COP10の課題:社会・経済・環境のバランスを目指して(香坂 玲:名古屋市立大学准教授・COP10事務局)
【主催者】主催:生物多様性JAPAN、共催:兵庫県立人と自然の博物館、後援(予定):ちば生物多様性県民会議、協力(予定):WWFジャパン・自然史学会連合・日本経済団体連合会自然保護協議会
【問合せ】
メール:sympo@bdnj.org(生物多様性JAPAN事務局)/電話:079-559-2003(兵庫県立人と自然の博物館)
http://www.bdnj.org

───────────────────────────────
このニュースは、NPO法人こどもとむしの会の正会員とメンバーに配信します。
みなさんからも、事務局までオススメ情報をください。みなさんも、友人知人に、メンバー登録をオススメください!http://www.konchukan.net/membership.html
こどもとむしブログhttp://konchukan1.exblog.jpも要チェック。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こどもとむしのイベントニュース 2008.6.6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もくじ
◆ ホタル観察の夕べ(宝塚市自然保護協会)
◆ ひとはく博士と行くハチ北高原サマースクール(るんるんぷらざ/人と自然の博物館=ひとはく)
◆ 虫とりと標本づくり(北はりま田園空間博物館=でんくう)
◆ ホタルの夕べ(ガーデン・カフェ・レストラン・アリス)
◆ 魅力再発見ハイキング 南光編(ひとはく)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子ども向け:要申込
───────────────────────────────
◆ ホタル観察の夕べ
日時/6月21日(土)18:00〜21:30
会場/宝塚市立少年自然の家(宝塚市大原野字松尾1)宝塚駅から無料送迎バスあり
定員/200名
内容/ゲンジボタル、ヘイケボタルの観察
講師/足立 勲ほか
参加費/400円(1家族)
申込/E-mail: sumire@naturezuka.com、またはFAX: 0797-87-2267(協会事務局)で。住所・氏名・年齢・電話番号・バス利用か自家用車かを明記。先着順。
問合せ/0797-87-2267または0797-84-1208(協会事務局)

◆ ひとはく博士と行くハチ北高原サマースクール
日時会場/
7月19日(土)事前学習会(ひとはく=人と自然の博物館:三田市)
7月25日(金)〜27日(日)現地合宿(香美町ハチ北高原:三宮またはひとはくからバス)
8月2日(土)・16日(土)事後学習会(ひとはく)
8月24日(日)発表会(ひとはく)
対象・定員/小学校4年〜6年・24名
参加費/32,000円(バス代宿泊費込)
内容/博物館研究員らと合宿。昆虫・植物・岩石・星の4テーマにわかれて、観察調査と成果のまとめ。自由研究バッチリ。
講師/人と自然の博物館研究員(小舘・加藤・八木)ほか
申込/E-mail: seminar@hitohaku.jpまたはFAX: 079-559-2033(ひとはく)で。セミナー番号(F03)・住所・氏名・年齢・電話番号・希望テーマを明記。〆切6月30日(多数の場合抽選)
問合せ/090-9119-2005(run♪ run♪ plaza=るんるんぷらざ)
Webからも申込可能→ http://hitohaku.jp/education/08syousai/F03.html
過去のようす→ http://runrunplaza05.blog.so-net.ne.jp(カテゴリー「サマースクール」)

◆ 虫とりと標本づくり
日時会場/7月12日(土)9:30〜15:00 昆虫採集(北はりま田園空間博物館=でんくう周辺:西脇市寺内) ※ 雨天時は翌日に順延
7月27日(日)13:30〜15:30 標本づくり(同上室内)
対象・定員/親子(幼児可)・20組
参加費/1組300円
内容/作品は、8月2日から17日の間、でんくうで展示し、その後返却。
申込み/FAX:0795-22-2123または電話:0795-25-2370で、でんくうまで。
問合せ/0795-25-2370
http://www.k-denku.com/event/mushi/mushi080712.html?PHPSESSID=fc868b89649cd797d9a323c66115fd9c



子ども向け:申込不要
───────────────────────────────
とくになし


一般向け:要申込
───────────────────────────────
◆ ホタルの夕べ
日時/6月25日(水)17:30〜21:00
会場/ガーデン・カフェ・レストラン・アリス(西宮市山口町船坂)
定員/25名程度(満席まで先着順)
参加費/2,500円(食事込・飲みもの別)
内容/お食事+ホタルの話(ひとはく八木 剛主任研究員)+ホタル鑑賞+バイオリン&ピアノ演奏(加藤完二・加藤純子)
申込・問合せ/電話で。078-904-2603(アリス)
アリスのサイト→ http://homepage3.nifty.com/cafe-alice

◆ 魅力再発見ハイキング 南光編
日時/7月19日(土)10:00〜15:00
会場/佐用町船越(昆虫館前集合解散)
定員/20名程度
参加費/500円(中学生以下300円)
内容・講師/内海功一前兵庫県昆虫館長、シダ植物の権威:岩槻邦男ひとはく館長といっしょに歩くハイキング。ひとはく藤本真里研究員がご案内。
申込/E-mail: seminar@hitohaku.jpまたはFAX: 079-559-2033(ひとはく)。セミナー番号(F02)・住所・氏名・年齢・電話番号を明記。〆切6月29日(多数の場合抽選)
Webからも申込可能→ http://hitohaku.jp/education/08syousai/F02.html
問合せ/079-559-2003(ひとはく)


一般向け:申込不要
───────────────────────────────
とくになし


───────────────────────────────

こんな感じで、情報が5つ6つ集まれば随時イベントニュースを発行したいと思います。みなさんも事務局まで情報をください。よりくわしい情報が、こどもとむしブログhttp://konchukan1.exblog.jpに掲載される場合があります。こちらもチェックください。
このイベントニュースは、NPO法人こどもとむしの会の正会員とメンバーに配信します。