きべりはむし 投稿案内

きべりはむしのページへ戻る

第32巻第2号以降は、オンラインジャーナル(PDFファイル)が正式版です。
当面、年2回(12月、3月)の発行を予定しています。

きべりはむし 投稿案内

1.内容

「きべりはむし」は,老若男女を問わず,昆虫に関心のある読者を対象とし,兵庫県ならびに地域の昆虫相,昆虫の採集・観察・飼育の記録や方法,昆虫学の解説,昆虫を題材とした教育や地域づくりに関する記録や方法などの,未発表の報文を掲載します.

2.編集・発行

「きべりはむし」は,兵庫昆虫同好会の機関誌ではなく,独立した雑誌とし,「きべりはむし編集委員会」が編集し,「兵庫昆虫同好会」と「NPO 法人こどもとむしの会」が共同で発行します.巻号は,兵庫昆虫同好会発行の「きべりはむし」の継続とします.

3.著作権

掲載報文の著作権は,「NPO法人こどもとむしの会」に帰属するものとします.

4.体裁・媒体

本誌の判型はA4判とし,横書き2段組とします.本誌は,Adobe PDF形式による電子ファイルとして出版し,データは「NPO法人こどもとむしの会」のサイト(http://www.konchukan.net/kiberihamushi)からダウンロードできるものとします.また,紙媒体による印刷物を別途製作し,希望者に時価で頒布します.

5.投稿者

本誌への投稿者には特に制限を設けません.

6.原稿提出時のお願い

原稿は,原則としてデジタルデータでおねがいします.以下を参考に,文字部分と,図や表の部分は別々のファイルとして提出ください.従来通りの紙原稿でも受付しますので,ふるって投稿ください.
1)文字部分
図表以外の部分と図表のキャプションは,1つのファイルとして,リッチテキスト形式(.rtf)で保存してください.ゴシック体,イタリック体などの書体も指定ください.原稿は,一般に,表題,著者,要旨,本文,謝辞,文献で構成します.本文が数ページに及ぶ報文の場合は,本文の前に400字以内程度の要旨をつけることも可能です.文献,ホームページの引用は,一般的な学術雑誌の例にならってください.
2)図表
それぞれの図表ごとに別々のファイルとして作成し,.jpeg,.psd,.pdf などの形式で保存ください.図表の幅は,1段または2段分となります.原則として,単純な拡大縮小以外は行わず,そのまま印刷に供しますので,図表中の文字サイズは,刷り上がりの大きさを考えて適切に設定してください.また,写真のトリミングは,適切にトリミングしたものを提出してください.著者以外が作成した地図や,人物が写っている写真を用いる場合は,事前に,著作権者や本人の承諾を得ておいてください.

7.原稿送付先

きべりはむし編集委員会 kiberihamushi@(アット)konchukan.net
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学農学部昆虫科学研究室
NPO法人こどもとむしの会 事務局気付

8.原稿の修正,採否等

編集委員会は,内容や文言の修正を著者に求めることがあります.また趣旨に合わない原稿は掲載をお断りすることがあります.

9.投稿者,原稿内容に関する問い合わせ

個人情報保護の観点から,投稿者個人の連絡先は明記しておりません.お問い合わせ等につきましては
きべりはむし編集委員会メールアドレス kiberihamushi@(アット)konchukan.net,もしくは
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学農学部昆虫科学研究室
NPO法人こどもとむしの会 事務局 までお願いいたします.

10.ISSNについて

きべりはむしは第32巻第2号からオンラインジャーナルのPDF版が正式版となりました.これに伴い,ISSN(国際標準逐次刊行物番号: International Standard Serial Number)を取得しました.ISSNとは,雑誌などの逐次刊行物の情報を識別するための国際的なコード番号です.
・参考webサイト
ISSN日本センター:http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/issn.html

(2010年3月「きべりはむし」編集委員会)

「きべりはむし」編集委員会
委員長 中峰 空
編集委員 大谷 剛・近藤伸一・杉本 毅・竹田真木生・内藤親彦・三木 進


新しい「きべりはむし」について
これまで、長年にわたり「兵庫昆虫同好会」が会員の兵庫県の昆虫相や生態等に関する調査研究成果の発表の場として、機関誌「きべりはむし」の編集発行を行って参りましたが、兵庫昆虫同好会の会員の投稿数が減少し、定期的な会誌の発行が困難になっていることもあり、また、このたび趣旨を同じくする「NPO法人こどもとむしの会」が発足したため、今後は「NPO法人こどもとむしの会」と「兵庫昆虫同好会」が共同で機関誌を発行します。
機関誌の名称については、「きべりはむし」を継承することとし、編集・発行の責任の所在、役割分担を明らかにするため、「きべりはむし」、「兵庫昆虫同好会」、「NPO法人こどもとむしの会」の関係を、以下のように定義することとしました。
1)NPO法人こどもとむしの会は、法人の事業の一環として、きべりはむし編集委員会を設け、きべりはむしの原稿掲載の可否判断および編集作業を行います。
2)兵庫昆虫同好会は、きべりはむし冊子体の印刷・頒布・配布に関する事業を行うことを目的とした、任意の団体とし、「きべりはむし編集委員会」と同一の人物によって構成します。
3)これまでの兵庫昆虫同好会会員は、きべりはむし冊子体の購読者名簿とし、購読料の前払いを行っている場合は、本人の希望により、払い戻しを行うか、今後の紙媒体の頒布代金に充当します。
(2009年4月 きべりはむし編集委員会)

きべりはむしのページへ戻る